2003年白糸の蔵開き(2月22日と23日)
準備の様子 今年も、また蔵開きの季節です。残念ながら、またまた雨。
毎年、どちらか一日は雨にたたられるようです。
結構強く降りましたが、それでも多くの人が来られました。
いつもながら、二人の息子たちが手伝いに来てくれました。
どちらも得意分野があって、助かります。

朝摘みの新鮮なイチゴが出てます。
今年はイチゴを買うのを忘れないようにしなきゃね。
去年は「後で」と思ってたら、売り切れてましたからね。

生産直売
今年は、若い焼き蕎麦屋さんも来ました。
なぜか結構美味しかったりして・・・。私も、昼食に食べました。
美味しいソーセージ、ハムなどで有名な『いきさんハム』の
コーナーです。酒の肴にはうってつけだし、お昼のおかず
にもいいし、僕らも必ず食べます。今日も良く売れています。
いきさんハム
ふくよし水産 猟師もしている釘本さん。新鮮な魚をすぐに干しているから
同じ干物でも、そこら辺のものと比較すると、別物のようです。
今回もまとめ買いをしました。冷凍して少しずつ食べます。
冷凍しても、近所のスーパーで買うものよりも、はるかに
美味しいんですよね。
ちょくちょく買いたいけど、遠いですからね。
ネット販売が出来るといいんですけどね。
このように観光バスで来られます。
バスが来ると、団体でどっと来られるので
一気に人が増えます。
観光バス
コーヒー売り場 今日は、去年のグァテマラ・カップオブエクセレンスを獲得した
ラ・プロヴィデンシァUを持って来ました。
素晴らしいマウスフィールとクリーンさ、そして甘い後口に
皆さん驚かれていましたね。
明日は、今度僕らが落札したブラジルの
ナショナルアウォードを持って来ようと思っています。
今日も大忙しの奥さん。
やはり、どこでも奥さんの力は大きいようです。
奥さんがいなかったら、ここまで盛大な催しに
なったかどうかはわかりません。
試飲販売所での奥さん
蔵の主 今日も元気に頑張りましょう!
この蔵の主で、高校の同窓生の田中信彦氏です。
彼の代で、この蔵を一気に盛り返しました。
その功績は大きいものだと思います。
僕らも、及ばずながら応援していますよ。
今日は、蕎麦道場の取材です。
地元のテレビ局のRKBが取材に来ていました。
ハニー珈琲の方が希少性があるのになあ、
と思ってもしょうがないか(^^ゞ
取材
牡蠣 漁師さんで冬場、牡蠣の養殖をしている人もいます。
今日は、牡蠣です。貰って食べたけど、ううう、うまいー!
と、言うことで、しこたま牡蠣を買って帰ろうと思ったら
帰り際に、しこたまもらってしまいました。
家に帰って食べた食べた・・・牡蠣三昧でした。
今年も和太鼓の演奏がありました。
年々腕が上がってきて、大した演奏をしてくれます。
今年も、ゾクゾクする良い演奏でした。
これからも、頑張ってくださいね。
和太鼓
蔵の中です。製造工程の説明図と、右が発行が進んでいるタンクの状態。
杜氏さんです。なかなか話し掛けられない雰囲気がありますが、
快く写真に収まってくれました。昔ながらの、伝統が息づいています。