to toppage

清酒白糸(田中一彦酒造場)2002年蔵開き
さあ、今年も蔵開きのシーズンがやってきましたよー! 出店する僕らも、そして、来られるお客様達も、み〜んなが楽しみにしていた蔵開きがいよいよやってきましたー。今年は、わがハニー珈琲が、スペシャルティコーヒーを手に入れてから最初の蔵開きです。 しかも!しかも!僕らがインターネットオークションで落札した、あの『サマンバイア農園の13位を獲得した豆』が丁度、来たばっかしでした。まさしくグッドタイミング! さあー、いよいよ蔵開きの幕開けですよー!!!
コーヒー売り場 今年は、我が二人の息子が手伝いに来てくれました。
長男は、緻密で几帳面。何がどれだけ売れた、と言うのをキチンと帳面につけていってくれるので、大助かり。
売上が正確に把握できます。今までは、減った紙コップなどで推測していたような状態だったので、格段の進歩です。
4年生の次男は、まだ手元がおぼつかないけど、一生懸命にやってくれました。今回はジュース担当で頑張ってくれました。
はいー、いらっしゃい。世界トップのブラジル「サマンバイア」が入ってますよー。
蔵に入るのを並んで待っています。蔵の中は暗く、ひんやりとしてますが、心地よい空気を感じます。この空気が、良い酒を作り出すんでしょうねぇ。毎年行っているのに、この蔵に入る時は、つい襟を正してしまいます。 蔵に並んでいます                                                                    
お花も一杯 売店が出て、だんだん賑わってきました。この蔵開きに出店している人たちは、皆さん普段から個人で商売をされている人たちですから、和気藹々としていて、とってもいい雰囲気なんです。みなさん、この蔵開きを楽しみに待っていますものね。我がハニー珈琲のお客さんもだいぶ沢山来られるようになりました。
例の蕎麦屋さんです。今年は、陽気な顔を撮れませんでしたが、いつもながらおもろいおじさんです。今年も、てんてこ舞いでした。僕のように、こうやって写真なんか撮ってる暇はないようです。 今年もきました。陽気な蕎麦屋さん。 打ちたての蕎麦だよー、はいー並んで並んでー
いきさんハムA
唐揚げなどを売っているお店です。唐揚げは、日本酒にも合うし、おかずにもなるし、万能の食べ物ですからねぇ。よく売れてます。
唐揚げのおいちゃんだよーん
上と、右真ん中の写真は、前原にある、いきさん牧場という手作りハム屋さん。ここ前原は、食に関して結構こだわりの店が多い。このハム屋さんもその一つ。この日もやっぱり大人気です。このウィンナーがまたうまい!という訳で、つい買っちゃうんですね。一番右は、漁師さんで、魚の加工業もしている、福吉水産さん。捕ってきたばかりの魚やイカを、すぐに焼いて食べさせてくれます。美味しいですよー。 いきさんハム いか焼き
お酒売り場 できたてのお酒を販売しているところ。人ばっかりで、見えませんねぇ。ごめんなさい。酒かすもありますし、今日しか変えないお酒もあります。今年の酒の出来具合は?・・・これがもう、最高!ワインにも、日本酒にもうるさい千葉のさかもとこーひーの坂本さんに送ったら、「いやあー、びっくりだねぇ。大吟醸なのにキチンとしたボディがあるしさぁ、フレーバーもフルーティーだしさぁ、こんないい酒造る蔵ってめったにないよ。スッゴイいい蔵じゃん!」と、のたまっておりました。いやー、よかったよかった。 お酒売り場
さあー、今年も恒例のきき酒コンテストです。なかなか難しいので、全問正解者はごくわずかしか出ません。蔵の主の田中信彦氏が、きき酒の説明をしているところです。
そして、右端は今年も和太鼓の演奏が行われました。何べん聞いても、よく鍛えられたいい演奏をします。なんて言うのか、魂を呼び覚まされるような不思議な感覚ですね。
説明をする田中氏 和太鼓
和太鼓に拍手。すごい人です。 左の写真は、和太鼓の演奏に拍手を送る人々です。迫力もあり、息もあっており、かなりの力量を感じます。私も学生時代に楽器をやっていたので、難しさは分かるつもりです。陰ながら筑紫じゅらく(正しい漢字が分からないのでひらがなで書いておきます)さんを応援します。
右の写真は、蔵から出てくる人々です。厳かな雰囲気の蔵を見てきた人の顔ですねぇ。
蔵から出てくる人たち
みなさん、いかがでしたか。毎年同じように繰り返されていきますね。このホームページに取材して載せるようになってから3年目ですが、ご覧なってお分かりのように、毎年変わりませんよねえ。どの年も、同じことが繰り返されていくようですが、実はこれが最も大事なことなのだと思うんです。伝統を引き継ぐというのはそういうものだと思います。友人の田中氏は、江戸時代からの伝統の継承を最も大事にし、さらに自分なりの工夫を加えて蔵を発展させています。羽根木絞りをかたくなに守りながら、新しい酒造りにも挑戦されています。蔵の発展にも大きな力を発揮されました。これからも大きく発展していかれることでしょう。ハニー珈琲も負けずに頑張らなくっちゃね!来年、また蔵開きでお会いしましょうね。例によって、合言葉で珈琲半額にしますが、来年の合言葉はこれから考えますね。時々見てね。では、皆さん、また来年の2月、この蔵でお会いしましょう!